TRPGは長く遊べる遊びです

「TRPG? あー、やってみたいんだけどなー。でも、今はなー」
という方もいらっしゃると思います。
いいんです。やりたくなったらやりましょう。当たり前ですけど。

うん。今回はそんな「当たり前」の話です。

TRPGは「物語を楽しむ」遊びなので、
言ってしまえば、「読書」や「映画を見る」とかと同じようなものです。
読みたい本があるときに読めばいいし、
見たいタイトルが出たときに見ればいいです。
TRPGでいうなら「やりたいシステムがあるとき」や
やりたいシナリオがあるとき」「たんに気が向いたとき
にやってもいいのです。
スポーツとかとは違って
「一日休めば取り戻すのに三日かかる」なんてものではありません。
むしろ、
TRPGをしない時間というのも、よりTRPGを楽しむためには必要だったりします。

それはなぜかと言うと・・・
例えば、小さい子供の頃に読んだことのある本を、大きくなってから読みなおしたとき、全然、印象が変わったりしたことって、ありませんか。
物語」って、受け手の知識、経験、心の状態で、どういう体験になるかが
変わってくると思うんですよね。
ただ単に悲しい話だったのが、悲しみの理由がわかって深く共感できたり、
あるいは、実はそれは救いで希望を見出したり・・・
どっぷりTRPGを遊び続けていくことは、もちろんとってもいいと思います。
でも、休みながら、別のことをしたり感じたあなたが、
またTRPGに戻ってくることも、とても素敵なことだと思います。

かく言う自分も、
「社会人になりたての頃」はTRPGから離れている時期がありました。
でもやっぱり、
今思えば、あの時期があったからこそ「よりTRPGを楽しめてる」気がします。

その上であえて言うなれば、なんですが、
遊ぶ機会やチャンスは、掴んでいった方がいいかもしれません。
「今の遊べる瞬間」っていうのは、「その時」にしかないですから。
遊びたいときが、遊び時です。
もちろん無理のない範囲で、ですけど。

そんなわけで、
「本を読んだり」「映画を見たり」するような感覚で
長い目で見て、気軽にTRPGを遊んでいくのはいかがでしょうか。